退職してWEB系フリーランスになりました【2度目の独立】

お疲れ様でした。俺。

昨日、会社を退職したので、振り返りとこれからの抱負を文章にしようと思い、キーボードを叩いています。

この記事では以下の内容を書きます。

  • 前職の振り返り
  • みんなにも共有したい前職で学んだことBEST3
  • フリーランスとしてこれから行う仕事
  • 今後の抱負

ぜひ僕のこと知っている人はお付き合いください。

前職の振り返り

結論から言うと、めちゃくちゃ経験値を貯めることができました。

働いていた会社は株式会社Sunday。飲食店と数台のキッチンカーを運営している会社です。

最初は外部コンサルタントとして、広告宣伝を担当するために関わりはじめました。

社長

広告宣伝するなら現場知らないとダメだろ

佐藤幸輝
佐藤幸輝

わかりました!(たしかに…現場や業界のことがわかればわかるほど、成果も出せそう)

そんなやりとりから手伝い始めたのです。

今思えばおかしな話だったのですが、僕は集客のプロではあるけど、飲食店なんか大学の時に、ラーメン屋でアルバイトしたことあるぐらい…

それにも関わらず、気づいたら構想を練るところから、お店作りに関わるようになりました。

いざお店が始まったら、店長になっていてオペレーション作って、夜な夜な集客のためにインスタを触りまくるという生活を送っていたのです。

佐藤幸輝
佐藤幸輝

(おかしいなー。俺社員でもないのに、なんでこんな朝早くきて、夜遅くまでいてなんでレジ締めしてるんだろう…)

でもその経験から得られたものがかけがえのないものになりました。

マーケターは現場を知らないとダメです。

最初は正直文句ばっかりでしたが、この経験が成果に繋がりました。

そんなこんなで店長が見つかり、現場から卒業。

集客に集中しました。集客に集中した結果得られたのがこの成果。

あとは現場を作ってきたからこそ、集客のために濃い情報を発信することができました。

佐藤幸輝
佐藤幸輝

やればできるじゃん!まぁまぁやるな俺!

と一瞬思ったのですが、結局は集客よりも商品・サービスが大事だということがわかりました。

逆に商品・サービスにばかり注力してるなら、集客に力を入れたほうがいいです。

全ては社長の店作りとブランディング(お店や事業の魅力づくり)がすごいから、お客さんが来てたんだと今なら思います。

あとは現場でお客さんのニーズを掴めたのもいい経験でした。

しかし、お店がオープンスペース。外だから寒い+コロナ禍で、冬は全くどうにもなりませんでした。

佐藤幸輝
佐藤幸輝

(春になれば稼げる。春になれば…)

少しだけ話が変わるのですが、

僕は、サイトの検索順位をブログを使って上位にさせるコンテンツSEOという手法で、独立していたことがあります。

その仕事内容で転職活動を年末に始めました。

求人を探すと仕事がたくさんあることに気づき、「やっぱり自分の得意なことしないといけないな」と思っていたのです。

登録したビズリーチからは、大手の有名な会社からプラチナスカウトがいくつか届いていて、このぐらいの年収ならもらえるぐらいの市場価値があることを知りました。

でも高卒だし、職務経歴書は真っ黒。笑

しかも一度起業して失敗している。

正直、すぐには仕事が決まらず年を越しました。

年始に社長から副社長のオファーを受けて、「この会社大きくしよう」と決意したのです。


僕のやる気とは裏腹に、春になってもコロナはおさまらず、気づけば梅雨が明けていました。

そして、様々な問題でお店は閉店することになってしまったのです。

残念な結果になりましたが、僕は大事なことを学ばせて頂いたと思っています。

みんなにも共有したい前職で学んだことBEST3

ここから前職で学べたことをまとめてみます。

僕が学んだ大事なことは以下の通りです。

  • 誰にでもわかる言葉選びをする
  • 自分にピッタリな仕事なんかない
  • 見えにくい仕事を丁寧にやる

大事なことだと思ったので共有したいです。

1つずつ説明させて頂きます。

第3位は誰にでもわかる言葉選びをする

これは退職する前日に社長と飲んでいる時、言ってもらいました。

一応人を選んで、言葉を選んでいたつもりですが、できていなことを教えてもらいました。

特にWEB系というのは横文字がたくさんあります。

WEB系同士の話になると、知らない人からすると、知らない言語で話している印象を受けるかも知れません。

どんな状況でも言葉を選ぶことを教えて頂きました。

第2位は自分にピッタリな仕事なんかない

今回の仕事は、僕の中でやったことないことばかり。

最初は「なんで俺がこんなことしないといけないんだ」と愚痴をこぼしながら仕事をしていました。

でも改めて考えてみると当たり前のことですが、

「自分のスキルと経歴にピッタリな仕事なんてもらえるわけない」んです。

自分とは合わないからと頑張らないでいると何も掴めずに年取ってしまうと、今なら思えます。

社長が僕を見極めて、とにかく何も言わずにやらせてくれたところがデカいです。

僕は一回起業に失敗しているにも関わらず、20代で2回目の独立をするぐらい、人からとやかく言われるのが向いていません。

ほっといてもらえば勝手にめちゃくちゃ頑張るタイプです。

自分で始めていることばっかりで責任を持てたので、自分にピッタリな仕事ではなく、仕事にピッタリな自分を作る方向性に進むことができました。

第1位は見えにくい仕事を丁寧にやる

一番の学びは、見えにくい仕事を丁寧にやることです。

誰にも評価されないような見えにくい大事な仕事がたくさんあることに気づきました。

その見えにくい仕事ほど丁寧にやればやるほど、仕事が前に進むのです。

特にお手伝いを始めた最初の頃は、お店の魅力づくり(ブランディング)と会計以外はすべて僕がやっていました。

そうなると、とにかく仕事を前に進めないといけなくなるのです。

様々な仕事を同時進行させて行く中で、段取りを丁寧にやってみたり、誰かに何かをお願いする時に、必ずテキストにして渡したり、様々なことを試しました。

その結論が、見えにくい仕事を丁寧にやるというのは、実は仕事において一番重要なのではないかと気づいたのです。

メイン業務に紐付いた、雑用や誰かとのコミュニケーションを大事にすると言ったほうがわかりやすいかも知れません。

実はアシスタントが担っている仕事のほうが重要だったりすると思うんです。

今回はメインもアシストも自分でやる期間がありました。そこでそういう大事なことに気づけてよかったです。

お陰様で現場もマネジメント側も経験できて、いい仕事が行える自信がつきました。

これから先フリーランスとしてやる仕事

僕はWEB系のフリーランスとして、これからWEB周りのお困り事を解消する仕事をしていきます。

その中でもWEBからの集客をメインに行う予定です。

ありがたいことに現在決まっている仕事がいくつかあります。

  • 会社のホームページ制作
  • Googleなどの検索からお客さんを集める
  • ネットショッピングの体制をつくる

などです。

他にも

  • 店舗のWEB集客支援
  • SNSの運用代行
  • 企業の行うメディアづくり(ブログやYouTube)
  • 販売代行
  • 集客全般のコンサルティング

など行う予定です。

実はWEB系の仕事をし始めて8年ほどになるので、これらが僕が世の中に一番貢献できる生き方だと思っています。

当然、自分のブログやYouTubeも育てるし、受託だけではなく、自分で事業を作っていく予定もあります。

今後の目標

まず自分の作業だけで月商100万円ほど目指します。

それを達成しそうなタイミングで、きちんとたくさんの仕事を回せる組織を作る予定です。

大事な人を守るためにも、自分の成長のためにも、お金には執着します。

言い方に難がありますが、お金をないがしろにして失敗したことがあるので、そのあたりはきっちりやる予定です。

執着するんですけどケチになるつもりはありません。

僕のことを知っている人は引き続きよろしくお願いたします。

P.S. 現在独立開業キャンペーンです。

今が一番僕を安く使えます。時給3000円ぐらいから受けています。

信頼している社員の給料以下の値段で、本気で売上と利益を追求した施策を行います。

もちろん相談は無料です。お気軽に声をかけてくれたら嬉しいです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いた人

佐藤幸輝

WEBマーケターとして得意分野を捨てたら、コロナ禍で人口2万人弱の町にあるオープン3ヶ月目の飲食店に広告費0円で1238人集客できました。WEB職歴8年のフリーランス。現場で手を動かすWEBコンサル。小さな会社で活躍するオールインワンなWEBマーケターを増やしたい。