樺沢紫苑著【神・時間術】を実践すると最高の生産性が手に入る

佐藤幸輝

本業も頑張って、その後副業も頑張ろう…

でも仕事が終わって家に帰るとヘトヘトで、とてもじゃないが副業なんかできない…

そんな時、手にとったのが樺澤紫苑先生の【神・時間術 脳のパフォーマンスを最大まで引き出す】という書籍でした。

  • 副業をしたくても時間がない
  • 時間内に仕事が全く終わらない
  • のんびりする時間も過ごしたい

時間をもっと有効活用したい。でもやり方がわからない人が多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する本を読んで実践すれば解決してしまいます。

読んでみて3つのポイントにまとめました。

  1. 脳のゴールデンタイムに知識重労働を行う
  2. 脳のリセットを行い時間密度を上げる
  3. 締め切りなど制限時間を活用した仕事術

上記の3つは明日から使えて成果に繋がりそうなトピックを選んでいます。

佐藤幸輝

ちなみにこの本を読んだことをきっかけに、副業に勤しむ時間を捻出できて、本業とは別にWEBライターとして月10万円稼ぐことができました。

それでは一つずつ解説します。

脳のゴールデンタイムに知識重労働を行う

神・時間術では、脳のゴールデンタイムを、起床してから2〜3時間と設定しています。

これだけ聞くとよく言われていることじゃない?となるはずです。

しかし、今までその理由までキチンと理解していなかったので、実践していませんでした。

佐藤幸輝

自分は夜型だとばかり思い込み、朝の有意義な時間を使いこなせていなかったのです。

脳のゴールデンタイムが起床直後の理由

神・時間術では、以下のような理由と根拠を示していました。

朝起きた直後の脳は、「片付けられて何も載っていないまっさらな机」のような状態になります。

神・時間術 樺沢紫苑著

「ジンズミーム」を使った500人の平均データによると、1日で最も集中力が高い時間帯は、朝6〜7時です。

神・時間術 樺沢紫苑著

ジンズミームとはJINSの開発した集中力を継続的に計測できるメガネです。

実際にWEBライターとして、自分の知識や経験が乏しい案件を、朝にこなすようにしてから、作業がスムーズに進むようになりました。

脳のゴールデンタイムは2回目がある

さらに興味深いのが、1日を2倍にする方法です。

集中力がだいぶ下がってきた午後に運動を行うとその直後に、起床直後のような脳のゴールデンタイムにすることができると延べられていたことです。

起床直後の集中力をもう一度使えたら、ほとんどの仕事を片付けられます。

根拠として神・時間術では以下の内容が示されていました。

30分程度の有酸素運動によって、その直後から学習機能、記憶能力、モチベーションがアップします。継続的な運動習慣によって、シナプスのネットワークが増え、頭がよくなる、ということです。

神・時間術 樺沢紫苑著

具体例として、毎年ノーベル文学賞候補として名前の上がる村上春樹が【職業としての小説家】の中で、毎日必ず1時間ランニングしているという話を紹介していました。

仕事の終わる時間が遅い会社員なので、まだ実践できていませんが、今後フリーランスとして活動する予定があるので実践してみたいと思います。

佐藤幸輝

最近は6時頃に起床。6:30〜9:30まで副業をしています。仕事は10:00〜始まります。

脳をリセットして時間密度を上げる方法

神・時間術では、脳をリセットして集中力を回復させる方法がたくさん紹介されています。

特に生物学的にも覚醒度が低下し、眠気が出やすいのが午後2時〜4時だそうです。

どうしても昼過ぎになると、集中力が低下してしまうので、その時に使えるリセット方法が使えるものばかりでした。

  • 外出ランチ・リセット術
  • 仮眠リセット術
  • 運動リセット術
  • 場所替えリセット術
  • ガラッとリセット術
  • 休憩リセット術

この中でも、外出ランチ・リセット術がとても意外で、理屈を知ると今すぐやりたくなる内容です。

ここでは、もう一つ仮眠リセット術についてご紹介します。それ以外のリセット術は神・時間術を購入して確認してください。

外出ランチ・リセット術

ランチに行って食べすぎて、午後眠くなるイメージがあったのでとても意外な方法でした。

その理屈は以下の通りです。

  • 日光
  • 運動
  • 咀嚼

がセロトニン分泌を促します。

つまり外に出て日光に浴びながら、ランチの場所へ歩行というリズム運動をしながら向かい、よく噛んでランチを食べると、集中力が回復するのです。

意外なのは咀嚼ですよね。

お昼休憩に公園に出て散歩するなら、なんとなく集中力が回復しそうなイメージはあります。

まさか咀嚼することが大事だとは思いませんでした。

食べすぎは要注意

当然、食べ過ぎると血糖値が一気に上がってしまって眠くなります。

腹八分目で済ましましょう。

仮眠リセット術

20〜30分の仮眠に午後の集中力を回復させるとも書いてあります。

これは馴染みがあって知っている内容ですよね。

パワーナップを取ろうってネットの記事や本で読んだことがある人も多いはず。

神・時間術では理由や根拠を以下のように延べています。

アメリカのNASAの研究によると、26分の仮眠によって、仕事効率が34%アップ、注意力が54%アップしたそうです。

神・時間術 樺沢紫苑著

著者の樺沢紫苑先生は、勤務医時代に多忙な日々送っていて、昼間の30分の昼寝がなければ乗り越えられなかったと延べています。

この30分の昼寝によって、脳と身体の疲れが猛烈に回復するのです。

神・時間術 樺沢紫苑著
仮眠のとりすぎ注意

1時間以上仮眠を取るのは身体にも脳にも悪影響です。

佐藤幸輝

意外性もあるし、やっぱりこれが大事なんだと思える内容でした。

毎日、きっちり仕事をしていたら、明らかに生産性が午後に落ちてくることを確認できると思います。

そんな時に活用したリセット術がたくさん紹介されていました。

締め切りなどの制限時間を活用したリセット術

締切間近でなんとか間に合わせなければならないとなった時、ノルアドレナリンというホルモンを活用することができます。

追い込まれるとノルアドレナリンが分泌するのです。

神・時間術では以下のように紹介しています。

ノルアドレナリンは、集中力を高め、学習能力を高め、脳を研ぎ澄まします。けっかとして、脳は最高のパフォーマンスを発揮するのです。

神・時間術 樺沢紫苑著

いわゆる火事場のバカ力というやつです。

夏休みの宿題を1日で終わらせたり、納期ギリギリになって覚醒し、仕事を終わらせたりした経験、誰でもあると思います。

この身体の仕組みは、納期があれば活用することができますが、納期がなければ活用することができません。

神・時間術では以下の方法を紹介しています。

  • ストップウォッチ仕事術
  • ケツカッチン仕事術

ストップウォッチ仕事術

ストップウォッチで制限時間を決めて、仕事の効率がアップする方法です。

ストップウォッチの愛用者には以下の人たちがいます。

  • 齋藤孝
  • 茂木健一郎

脳科学者と大学教授兼作家を行う人々が、「ストップウォッチがなければ仕事にならない」とまで言っているようです。

特に面白いと思ったのが、制限時間を決めると2度おいしいと延べられていることです。

まず15分・45分・90分単位で休憩をはさみながら仕事をします。

ちなみに15・45・90分というのは神・時間術で紹介されている、集中力の持続時間です。3種類集中が持続できる時間があるというのが面白いですよね。

その時、作業開始の初頭努力と作業終了間際の週末努力と呼ばれる箇所で、2回効率が上がります。

つまり常にストップウォッチなどで時間を計測しながら、仕事をすることで効率よく仕事を進められるのです。

スマホで時間を計測?

早速スマホで時間を計測してみたのですが、オススメしません。なぜならYouTubeやTikTokなど、誘惑がたくさんあるからです。

できれば、あまり機能のついていないストップウォッチを準備するのがオススメです。

ちなみに僕はアマゾンで1000円以下だったストップウォッチを購入しました。

CASIO(カシオ) ストップウォッチ ラップタイム スプリット 計測 消音 ブラック HS-3C-8AJH
佐藤幸輝

たしかに15・45・90分で区切りながら休憩をはさみながら仕事をすると、めっちゃ効率がいいです。

ケツカッチン仕事術

締め切り時間が仕事の効率を上げますが、守らなければ意味がありません。

そこでケツカッチン、締め切りの後に次の予定をいれてしまう方法です。

著者の樺沢紫苑先生は原稿の締め切りあとには旅行などをいれるようです。

せっかくの旅行なのに原稿を書きながらなんて絶対に嫌だとなって、より時間内に仕事を終わらせることができるようです。

絶対に避けたい状況がノルアドレナリン分泌につながります。

佐藤幸輝

この内容を読んでから、締切に対しての意識が強くなりました。他人との仕事では守れても、自分に課したタスクだと、割と先延ばしにしてしまう癖がありました。

でも制限があるからこそ、ノルアドレナリン分泌で頑張れるので、より一層制限された時間内で仕事をするようになりました。

まとめ:素晴らしいテクニックがまだまだ載っています !

いかがでしたでしょうか。

もし時間管理に悩んでいたり、もっと効率を上げていきたいという方で、まだ読んでいなかったらめちゃくちゃおすすめです!

現在、僕は会社員ですが、来月からフリーランスとして独立します。

その時、1日12時間ぐらい仕事をすればいいかと安易に考えていました。

仕事が好きだから、問題ないと思っていたけど、実はダラダラと続けていただけだったのかもしれません。

時間効率というか時間密度を高めて、仕事は時間内にきっちり終わらせて、自分が楽しむ時間にあてていこうと思えるようになりました。

ぜひ読んでみてください!人生変わります。

created by Rinker
¥1,650 (2022/12/03 21:35:47時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事を書いた人

佐藤幸輝

WEBマーケターとして得意分野を捨てたら、コロナ禍で人口2万人弱の町にあるオープン3ヶ月目の飲食店に広告費0円で1238人集客できました。WEB職歴8年のフリーランス。現場で手を動かすWEBコンサル。小さな会社で活躍するオールインワンなWEBマーケターを増やしたい。