Webマーケティングの資格に期待してはいけない理由

WEBマーケティングの資格に期待してはいけない理由

WEBマーケティングのスキルを身に着けて、転職したり独立するぞ!と思っているあなたはこんな疑問を抱えていないでしょうか。

  • 就職や転職に有利な資格を知りたい
  • 稼げる資格があれば取りたい
  • そもそも資格を取得することに意味があるのか知りたい
佐藤幸輝

結論から言うと、Webマーケティングの資格に稼ぎに直結するものはありません。

だからといって全く意味がないかというと、そうではありません。

この記事を読むメリット

  • WEBマーケティングの資格に期待できないことがわかる
  • WEBマーケティングの資格に期待できることがわかる
  • WEBマーケターとして評価されるのに資格よりも大事なことがわかる

この記事を書いている私の経歴です。

  • WEBマーケティング職歴6年
  • WEBマーケティングコンサル会社に勤めた経験あり
  • WEBコンサルタントとして独立経験あり
  • 事業会社でWEBマーケターとして働いている

よりリアルなWEBマーケティングの資格事情について書きます。

それではどうぞ!

WEBマーケティングの資格が稼ぎに直結しない理由

理由は2つ。

  • 資格がないとできない仕事はWEBマーケティングにはない
  • 稼ぎは資格ではなく実績がもたらす

それでは一つずつ紹介します。

資格がないとできない仕事はWEBマーケティングにはない

医師や弁護士には、資格所有者でなければできない独占業務があります。

しかしWEBマーケティングの業務に資格がないとできない独占業務はありません。

資格や免許というのは、持っていなければできない独占業務がない限り、基本的には稼ぎに直結しないのです。

もちろん持っていると転職活動に有利になる資格は、世の中に存在します。

しかしWEBマーケティングという分野で、転職が有利になるほどのインパクトを持つ資格はありません。

佐藤幸輝

なぜなら私がWEBコンサルとして転職するときも、独立して新規を獲得するときも、資格は持っていなかったからです。もちろん資格がないことによって悪いイメージも持たれたことがありません。

WEBマーケティングの求人を見ると、資格が必要な求人がないことがわかるはずです。

WEBマーケティングの資格に期待しすぎるのはオススメできません。

稼ぎは資格ではなく実績がもたらす

独占業務がある資格に限らず、仕事というのは実績が全てです。

転職活動の面接や新規獲得の商談で一番聞かれることは、資格の有無ではなく実績ではないでしょうか。

いきなり実績と言われても…という方も、もちろんいると思います。

でもそれが現実です。

結局、実績を出さなければ、稼ぎには繋がりません。資格を取得したからといって、保証される稼ぎはないのです。

まずはそれを認識してください。

以前、別のWEBマーケティングの記事でも書きましたが、WEBマーケティングとは、知識ではなくスキルです。

実践しなければ身につかないものです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

つまり、稼ぎに繋がるとは言えないのです。

しかし、全く意味がないかというと、そうではありません。

WEBマーケティングの資格は体系的に学ぶ目的ならあり

私は今までWEBマーケティングの仕事を6年ほどしてきて、資格を必要と感じたことはありません。

しかし、この記事を執筆するにあたって、WEBマーケティングの資格について、数日間リサーチしました。

そこで見いだしたのは、状況によっては、資格取得を目指しながら勉強するのもありだということです。

その状況は

  • WEBマーケティング業界のことを体系的に全体像を掴みたい時
  • 未着手の領域について体系的に学びたい時

です。

学習スピードを速めたい時に有効なのが、まずは全体像を体系的に頭にいれることです。

そうするとテキストで体系的に学べる資格勉強は、ありだと思います。

ちなみにWEBマーケティングの全体像を学ぶのは、本が良いとオススメしています。

それでは一体どんな資格をとったらいいのか、オススメをいくつか紹介したいと思います。

WEBマーケター歴6年の僕が取得する意味があるかもと思った資格3選

調べてみるとWEBマーケティング関連の資格は複数ありました。

しかし、ほとんどが必要のないものだったので、意味がありそうなものを3つご紹介します。

Google広告の認定資格

この資格はGoogle広告で提供している、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告、ショッピング広告、アプリ広告、測定に関する認定資格が取得できるものです。

無料かつ専門知識を証明することができるので、取得しておいて損がありません。

GoogleなしではWEBマーケティングは成立しません。

SEOとはGoogleの対策といえますし、広告もGoogleが基本となることが多いです。

以上を踏まえて、Google広告の認定資格をオススメします。

Google広告の認定資格

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

この資格は、WEBのデータ分析には欠かせないGoogleアナリティクスの基礎から学べるものです。

WEBマーケティングの仕事には欠かせないものなので、学んでおきましょう。

Googleアナリティクスで現状を把握し、改善案を考えたりする機会はたくさんあります。

こちらも無料で取得ができるので、ぜひ学んでみてください。

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

ネットショップ検定

最後のこちらは、僕が学んでみたい資格です。

佐藤幸輝

今までWEBマーケティングの仕事をしてきて、ネットショップの案件をこなしたことがないので、気になりました。だからこそ、効率よく体系的に全体像を捉えたいので、受けてみたいです。

テキストや情報が古そうなのは否めませんが、このように自分の学んだことのない分野は、資格勉強することで学習効率を高めることができます。

ネットショップ検定

その他の資格は学びたいことがあれば

資格は他にもたくさんあります。

  • ウェブアナリスト検定
  • 統計検定
  • ウェブ解析士
  • ウェブディレクター試験
  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • IMA検定
  • ネットマーケティング検定

などなど。まだまだたくさんあります。

何度も伝えていますが、おすすめはまだ学んでいない領域について、資格取得しようとすることです。

まとめ:やっぱり大事なのは実践して実績を作ること

ここまでWEBマーケティングの資格にまつわる情報や考えを書かせて頂きました。

しかし、大事なことは資格ではありません。

WEBマーケティングを実践し、実績を積むことです。

実績が次の仕事を生み出します。

佐藤幸輝

今はWEBマーケティングに携わっていないから、今のうちに資格をとって準備をしようと思うのは、素晴らしいことだと思います。しかし、その暇があれば、WEBマーケティングの実践に時間を費やすべきだと私は思います。

実際、アフィリエイトに挑戦することや、SNSでフォロワーを増やしてみることは、WEBマーケティングの実践です。

つまり実践は今すぐ実行可能ということ。

もし具体的にWEBマーケティングを実践していこうと思ったら、以下の記事を参考にしてください。

終わります。

この記事を書いた人

佐藤幸輝

WEBマーケターとして得意分野を捨てたら、コロナ禍で人口2万人弱の町にあるオープン3ヶ月目の飲食店に広告費0円で1238人集客できました。WEB職歴8年のフリーランス。現場で手を動かすWEBコンサル。小さな会社で活躍するオールインワンなWEBマーケターを増やしたい。